ブルゴーニュ産ワインについて

ブルゴーニュは、世界一有名なワイン、ロマネ・コンティが生産されます。
ブルゴーニュでは葡萄畑に挌付けがなされ、同時にそれがAOCとなります。
ワイン分類でテーブルワイン、地酒、上質指定ワイン、頂点のAOCは、全体の4割くらいで生産地域、品種、最大収穫量、アルコール度数、栽培法、醸造法、熟成条件などを満たさなければなりません。

いい葡萄をたくさん育てて、いいワインをたくさん作ればいい。
高く売れて儲けられるという、経済市場原理主義とは無縁の世界なのです。
でも賢いと思います。
さすがワインの歴史の古い国で、プライドの高いフランスだと感心してしまいます。
お金に余裕のある人が、投資目的でワインを買い占めていると聞いたことがあります。

金利が低い時代は、銀行に預けておくより、ワインを眠らせておく方がお得だとは思いますが、勇気がなく実際は出来ません。
フランスワインは、ブルゴーニュワインとボルドーワインが二大ブランドです。
見分け方は瓶の形です。
なで肩はブルゴーニュワインで、いかり肩はボルドーワインと区別されます。
フランスの地図を見ると、フランスは農業国ということが解ります。
まだフランスには行ったことがないので、ぜひフランスの観光地を巡りながら、ブルゴーニュ地方のワインや、ボルドー地方のフルボディワインや、ロワール地方のロゼワインなどを味わって来たいと思っています。