ベッド選びは慎重にしましょう

お部屋のインテリアを考える上でベッドはとても重要なものと言えます。ベッドはお部屋の中でもかなりの場所を取りますのでサイズやデザインは慎重に選ぶ必要があります。また人間は1日の3分の1程は寝ていますのでベッドの上にはかなり長時間いる事になります。ですから1日を疲れをとって安眠するためにも寝心地は無視できない大切な要素となります。ワンルームマンションなどでべッドを使用する場合には収納スペースを確保する事ができるタイプがオススメです。ワンルームマンションなどはどうしても収納スペースに限界がありますのであまり物を置くことができません。片付けきれない物は部屋の中に置くことになりますので、ただでさえスペースに余裕の無い部屋を圧迫する事になってしまいます。そこで収納する機能があればかなり多くのモノをしまいこむ事ができますので部屋を広く有効に活用する事ができるようになります。

収納する機能のついたタイプは多くの種類が発売されていますので収納する物に合わせて選ぶようにしましょう。また部屋のスペースを有効に活用する事ができるものとしてロフトベッドもあります。ベッドを高い位置に上げる事で、本来は使えなくなっている下のスペースに机を置いたり服をかけたりする事ができますのでスペースを有効に利用する事が可能です。次にベッドのサイズなのですが一般的には自分の肩幅に30センチを加えた幅が良いとされています。この幅を確保できていないと寝ていて狭いと感じられたり寝返りを打つのが困難になってしまいます。シングルで小さいと感じてしまう体形の人ならセミダブルを選択した方が無難でしょう。またベッドの周りのスペースもある程度は確保する必要があります。壁際に設置する際には壁との間に10センチほど必要になりますし、壁際ではない方も壁までの距離が60センチ程ないと寝たり起きたりする動作がしにくくなってしまいます。収納機能のついているタイプの場合は引き出しを引き出すスペースも確保する必要がありますので、購入する前には部屋のサイズをメジャーなどを用いて測っておくことが大切です。大きい物を選ぶと部屋が狭くなってしまいますし小さい物を選ぶと寝心地が悪くなるというジレンマが有るのですがお部屋に合ったちょうど良いサイズをじっくりと選ぶようにしましょう。

色や材質などもお部屋のインテリアとして重要な要素となりますのでできるだけ家具店などで実物を見て選ぶことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*